[東京の特集]風俗での副業がバレないようにする方法とは?(愛されマル秘テク)

バナー広告高収入風俗求人ユカイネット
高収入風俗求人ユカイネットの初心者講座高収入風俗のおしごとQ&A
おしごと図鑑スカウト登録キャンペーン

おしごとを探す!

エリアを選ぶ

東京都

神奈川県

千葉県

群馬県

栃木県

茨城県

業種を選ぶ

全て

こだわりで選ぶ

全て

収入にこだわる

環境にこだわる

働き方にこだわる

該当する求人

--件 HIT

店舗様はこちら

風俗での副業がバレないようにする方法とは?

バレ対策は実際大事!
愛されマル秘テク

副業をしていると、秘密にしていても本業にバレるものなのでしょうか?特に風俗での副業がバレてしまうと本業を失う結果になりかねません。そこで今回は、副業が本業にバレる理由と、バレないようにする方法を知っておきましょう。

■風俗での副業がバレる理由とは?

公務員は副業禁止ですし、多くの企業も副業を禁止しています。就業規則に「禁止」とあれば、副業がバレたら何らかの処分が下される可能性が高くなります。

それなら、黙っていればバレないものなのでしょうか?必ずしもそうとはいえず、副業が飲食店やコンビニのアルバイトのような、給与をもらう仕事ならバレる可能性があるといえます。 これは、従業員を雇っている会社やお店が、従業員に支払った給与の金額を税務署や市町村に通知する決まりがあるためです。所得税や住民税は所得に応じて決まるのですが、住民税は副業分も本業の収入に上乗せされて天引きされるため、給与をもらう副業は会社が「払っている給料よりも住民税が高い」ということに気づく可能性が高いのです。

では、給与所得ではない副業ならどうでしょうか?株やFX、アフィリエイト、風俗などは給与所得ではないので、黙っていれば会社にバレることはありませんし、「マイナンバー制度でバレる」ということもありません。 けれど給与以外の所得が20万を超える人は確定申告が必要です。しかし確定申告で所得を報告すると、翌年の住民税に反映され、住民税を本業から天引きにしていると給与以上の金額になるため、会社に副業の存在がバレやすくなります。

■副業が風俗でも確定申告は必須

副業として風俗で働いていても、確定申告をしなければ気づかれないのでしょうか?そうとはいえません。そもそも、確定申告をしなかったことが税務署に気づかれると、ペナルティを課され、本来は払わなくて良いお金を払うことになります。それによる本業での人物評価への影響は避けられません。

風俗店などでは、現金手渡しで通帳に記録が残らない、ということもよくありますが、それでも周囲から税務署へのタレこみ、SNSでの生活ぶりなどから税務署に目をつけられて確定申告をしていないことがバレる恐れがあります。 さらに今はバレていなくても税の時効は5年あるので、後々さかのぼってまとめて追徴される可能性もあります。脱税の金額に決まりはなく少額でも追徴されることがあるので、副業で20万以上の収入があるのなら確定申告はしておきましょう。

■風俗がバレない確定申告のやり方

本業に副業がバレる理由は「住民税が高い」ことからですが、住民税の徴収方法には、給料天引きの「特別徴収」と、別払いの「普通徴収」とがあり、確定申告で住民税の支払い方法を普通徴収にしておけば本業に請求されません。

副業がバレないようにするには「きちんと確定申告をおこなう」「住民税は普通徴収にする」ことがポイントです。副業で風俗として働く場合は、ポイントをおさえて本業に影響を及ぼさないようにすることが大切になってきます。

2017/07/06