[東京の特集]風俗嬢として働くならタトゥーはあり? なし?(愛されマル秘テク)

バナー広告高収入風俗求人ユカイネット
高収入風俗求人ユカイネットの初心者講座高収入風俗のおしごとQ&A
おしごと図鑑スカウト登録キャンペーン

おしごとを探す!

エリアを選ぶ

東京都

神奈川県

千葉県

群馬県

栃木県

茨城県

業種を選ぶ

全て

こだわりで選ぶ

全て

収入にこだわる

環境にこだわる

働き方にこだわる

該当する求人

--件 HIT

店舗様はこちら

風俗嬢として働くならタトゥーはあり? なし?

魅力なタトゥー女子の可能性は無限大
愛されマル秘テク

タトゥーは少しずつ認められてきていて、今ではファッションの一環としてタトゥーを入れる方も多くなってきています。 しかし、風俗嬢として働く場合はタトゥーがハンデになってしまうかもしれません。お店によってはタトゥーが入っているだけで働けなくなることも。 今回は「風俗業界でのタトゥー」についてご説明していきます。

■タトゥーが避けられてしまう最大の理由

タトゥーを「おしゃれ」と感じる方もいますが、「怖い」というイメージを持っている方も多くいます。海水浴場や温泉施設の入場規制などがその証拠です。

風俗嬢のタトゥーが避けられる最大の理由は、来店するお客様の中にもタトゥーに対してマイナスイメージを持つ方がいること。中にはタトゥーが入っていることでHな気持ちが飛んでしまう方もいらっしゃいます。特に年齢層が高めの男性は嫌がる方が多いです。

お店としても男性の需要を一番に考えているため、どうしてもタトゥーのある女性を敬遠してしまう傾向にあります。

タトゥーのある女性が風俗嬢として働くための業種選び

ご説明した通り、タトゥーが風俗嬢としてハンデになることは確かです。しかし、今の風俗業界は一昔前よりもタトゥーに寛容になっています。採用基準はお店によって異なりますので、あらかじめ確認しておくことが大切です。

またタトゥーを彫っている方でも、サービス内容次第では風俗嬢として働けるかもしれません。例えば着衣のままサービスをおこなう業種であれば、タトゥーがお客様にバレづらいです。「エステ」や「オナクラ」などは着衣のままサービスをおこなう風俗の代表例。この2つは着衣が原則です。また、ピンサロもすべて脱ぐ必要がありませんので、タトゥーの大きさや入れた部位によってはバレないかもしれません。たとえタトゥーが入っていてもお客様にバレなければガッカリされることもないので、問題なく働けます。

■働き始める前に「タトゥーが入っていること」を必ず言っておくこと!

風俗嬢として採用されるために、面接でタトゥーが入っていることを伝えない方もいますが、これは避けたほうが良いでしょう。 風俗業界に限った話ではありませんが、後々ウソがバレてしまうと印象が良くありません。場合によってはお客様からのクレームにつながり、お店側にとっても大きな不利益となります。 何より、ウソをついて働くことは想像以上に疲れるもの。お店に理解してもらうことが働きやすい環境作りの第一歩です。

タトゥーが原因で採用に至らないことは少なくありませんが、先ほどご説明した通りタトゥーがあっても採用してくれるお店も増えてきています。面接の時点でしっかりと話をして、今後の不安を解消しておきましょう。

すでにタトゥーを入れている方や、これからタトゥーを入れたい方などは多くいらっしゃいます。もちろんタトゥーを入れることは個人の自由です。ただし今回ご説明したように、風俗嬢として働く場合には少なからず影響を受けます。 タトゥーは一度入れると簡単には消せませんので、ご自身の将来を考えた上で入れるかどうかを決めてくださいね!

2017/06/29