愛されマル秘テク

会話づくりに役立つ『春シーズン』の豆知識3選

メニュー
東京☆働き方ガイド
東京と言えば、ソープランドが軒を連ねる「吉原」、デリヘル・ホテヘルの求人が多い「池袋」、人妻系デリも人気で30代以上の女性も応募できる求人がたくさんある「鶯谷」、一大キャバクラエリアの「歌舞伎町」など稼げるエリアの宝庫!他の地域とは比べ物にならないほど様々な風俗店・業種があるから、風俗初心者でも働けるお店の求人がきっと見つかります。都の条例が厳しいこともあって、安心して働ける真面目な風俗店が多いのは、特に初心者の女のコには嬉しいポイント。東京で高収入バイトをしたいという地方の女のコも多いため、多くのお店が格安で住めるという寮を完備。ファッション、ショッピング、観光の名所は枚挙にいとまがないエリアですから、楽しく生活しながらお仕事できることは間違いありません!
店舗様はこちら

 会話づくりに役立つ『春シーズン』の豆知識3選!

春らしいトークで場を盛り上げよう!
愛されマル秘テク

風俗嬢が会話のスキルを上げれば、指名やリピーターにつなげやすくなります。しかも、お客に「へー」と思わせる豆知識もあれば、たとえプレーが早く終わってしまっても会話で挽回できたりするものです。そこで今回は、春の季節にありがちな会話づくりに役立つ、3つの豆知識をご紹介します。

■歓送迎会での豆知識

社会人の春は人事異動の季節。お客のなかには、部署や職場を去る人もいれば、新しく配属される人や新社会人もいることでしょう。特に送別会では、送る側に対する心遣いやマナーに配慮したいところです。ただ、お酒の注ぎ方だったり、席位置だったりに気を取られるあまり、肝心の「送る側に対する思い出づくり」を忘れてしまっては元も子もありません。

そんなときにオススメしたいのが、送る側の新天地を事前に聞いておき、その土地の「逆土産話」で当日の主役に花を持たせることです。新天地の観光名所はもちろん、隠れ家的なグルメ店、趣味に合ったスポットなど、「ちゃんと調べましたよ」感が滲み出たハンドメイドな情報をプレゼントすれば、きっと相手も喜んでくれるはずです。風俗嬢からのワンポイントアドバイスとして活用してみましょう。

■観葉植物の豆知識

送別会で送る人がいるということは、当然ながら「送られる人」もいます。お客のなかには、新天地の慣れない生活に、思わずストレスを口にしてしまう人もいたりして。そうした場合に役立つのが、観葉植物の知識です。

観葉植物にはストレスを緩和させる効果はもちろん、春ならではのコツというのもあるのです。観葉植物が持つストレス対策に有効とされる主な効果は、マイナスイオン・アルファ波・フィトンチッドの3つ。マイナスイオンは心拍を安定させ、脳波から出るアルファ波が筋肉の緊張をほぐし、フィトンチッドという森林浴作用でリラックス効果が期待できるそうです。

そんな観葉植物ですが、せっかく効果を伝えるなら長く育てるコツも添えて“会話に花を咲かせたい”ところ。観葉植物は年に1回の土替えを必要とし、その時期に最適なのが春になります。土替えの目安は彼岸(春分の日ごろ)後、2週間から3週間がベスト。その時期になると土の温度も高くなり、根が土に馴染みやすくなります。土はホームセンターなどで売られている観葉植物専用のものを使うとよいでしょう。

また、元の土を削ぐ際は、根の周囲に2センチほど土が残るようにするのがポイント。肥料(液体がオススメ)は土替え時に注入し、その後は月1ペースで与えます。水やりは、春~夏は土の乾燥状態に合わせて適宜、秋~冬は週1ペースぐらいで問題ありません。風俗嬢と観葉植物というギャップは、きっと客側に大きな印象を与えるはず。

■花粉症の豆知識

春特有のアレルギーといわれるのが花粉症です。軽度ならまだしも、重度になると「夜も眠れない」と言うお客も少なくないはず。そんな花粉症ですが、実は症状を緩和させる方法が2つあります。

1つ目は、花粉付着防止スプレーを使うことです。スプレーを衣類にかけることで、花粉の付着原因となる静電気の発生を防いでくれます。2つ目は、花粉症対策に有効とされるヨーグルトの活用です。ヨーグルトの主成分である乳酸菌の活動は、37度まで温めると最も活性化するといわれています。以前は冷やして食べるのが花粉症に効くとされていましたが、今は常温より少し温かくするのが主流のようです。

今回ご紹介した3つの豆知識は、お客の仕事柄や心身の状態に合わせて使い分けできるものばかり。季節ネタというのは挨拶として使える一般マナーでもあるため、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

2017/04/27