吉原の風俗・ソープ求人・高収入アルバイト一覧

吉原の求人一覧

検索条件を追加する
業種を選ぶ
こだわりで選ぶ
収入にこだわる
環境にこだわる
働き方にこだわる
エリアを選ぶ
東京都
神奈川県
埼玉県
千葉県
群馬県
栃木県
茨城県
リセット
吉原情報
北は北海道、札幌の「ススキノ」から、南は沖縄県の「辻」まで。日本全国にあるソープ街の中でも、東京都の吉原は最大級の規模を誇るソープ街です。
ソープは、正式名称ソープランド。昔、泡立てた石鹸を使ってお客さんを気持ちよくさせるというお風呂でのサービスが行われていることから、この名前が付けられました。ソープは、「Soap(泡)」という英単語が語源なのです。
ちなみに、1日に何度も石鹸を使ったサービスをしていると女の子のお肌が傷んでしまうということから、最近では石鹸の代わりにローションが使われています。多くのお店がお肌に優しいローションを仕入れていますし、自分に合うローションを自分で用意して使えるというお店もあります。
ローションを使う「仕事場」であるソープランドのサービスルームは、お風呂場とベッドから成り立っています。ソープでは、時間いっぱい使ってお風呂とベッドの両方でサービスを行います。ハードなお仕事です。なので、稼げるお金は他の業種に比べて高いものとなるのです。日給3万円以上は当たり前で、10万円も夢じゃないという求人が、吉原では見つけられます。
吉原にあるのは、このような「仕事は大変だけれどたくさん稼げる」という風俗求人ばかりです。
風俗求人に応募して高収入を得たいなら、どんな風俗の求人をチェックするよりも、まずは何より吉原のソープの求人をチェックすべきでしょう。

【吉原の基本情報】

「吉原」というといかにも地名のようですが、東京都には吉原という地名は存在していません。地名と丁目と番地で管理されている日本地図で、吉原を見つけることはできません。
今、ソープ街として「吉原」と呼ばれているのは、住居表示で言うところの「東京都台東区千束4丁目」の一区画です(3丁目も少し含む)。これは同じ東京都内にある上野公園のほぼ2分の1。広さ的には、北海道のススキノや沖縄の辻、滋賀県の雄琴や岐阜県の金津園など、日本各地のソープ街に比べて、特に大きいというわけではありません。ただし店数という点では、日本最大の名に恥じないものとなっています。なんと、140軒以上のソープランドが集まっているのです。
ところで、なぜこのソープ街が、今、地図に書かれない名前を使って呼ばれているかというと、昔あった遊郭の呼び名が残っているから。江戸時代のはじめにつくられた吉原遊郭があった場所に、今、ソープ街が築かれているのです。その歴史は古く、江戸の遊郭時代から数えるとザッと400年以上になります。
吉原は、江戸に徳川幕府が開かれてすぐ、主家を持たないひとりの浪人が届け出を出してつくったものとされています。彼が最初に許されて、遊郭地として幕府から与えられたのが、現在の中央区日本橋付近。ヨシ(葦)が生えた水っぽい原っぱが広がる土地で、その様子が「吉原」というネーミングの理由となりました。
その後、現在の台東区に移されて、吉原は明治、大正、昭和と日本最大の遊郭であり続けましたが、戦後に状況は一変しました。
GHQが発した遊郭廃止の法律によって、吉原遊郭は消滅。その後は私娼(警察に管理されながら個人営業で働く女性)の街、いわゆる「赤線地帯」となっていましたが、1950年代のはじめに私娼も法律で禁じられ、新しいスタイルのソープランドがあらわれるようになったのです。
遊郭時代、赤線時代、ソープ時代と吉原の歴史は続いてきたわけですが、たとえば遊郭時代とソープ時代では、吉原での働き方、遊び方はまったく異なるものでした。
現在、吉原で仕事をするのに特別な技能などは必要ありませんが、江戸時代、吉原は江戸のお大尽(お金持ち)が粋な遊びをしに行く街として知られました。吉原で働く女性はお大尽のお相手がつとまるように、それなりの教養を持ち、芸術の心得がなければならないとされていました。
そんな時代から400年以上、悲喜こもごもの色んな物語を呑み込んだ吉原は、映画や小説、漫画などの舞台になることも珍しくありません。創作にしか思えない作品の中には、実話をもとにした物もあります。ドラマチックな出来事が、その長い歴史の中でいくつもあった街なのです。
ところで、そんな吉原に行くための最寄りの駅はJR鶯谷駅、つくばエクスプレス浅草駅、日比谷線三ノ輪駅、都電荒川線三ノ輪橋駅。
東京の有名な観光名所からも、吉原には行くことができます。たとえば下町文化が花ひらく浅草。「雷門」で有名な浅草寺の風景は、風俗とはパッと身では結びつきませんが、浅草寺から仲見世通りに出る代わりに裏へ回ってしばらく行くと、吉原の街は見えてきます。下町の賑わいがフッと途切れ、静かな雰囲気が感じられるようになったら、おそらくそこは風俗店の並ぶ吉原です。
とはいえ、もちろん無理に歩く必要はありません。「最寄り駅」とはいえ、上に書いたどの駅からも、歩いていくにはやや距離があります。働くソープランドに問い合わせてみましょう。多くのお店が車での送迎をしてくれるはずです。
吉原のソープは、お客さん一人あたりの手取りが1万円台の「激安店」と言われるタイプのソープ店から、手取り10万円以上も可能であるという「高級ソープ店」まで、ずらりと立ち並んでいます。
そんな吉原のソープの中で店舗数が多いのが、お客さん一人当たりの手取りが3万円前後のソープ店。お客さんがお店に支払うのが5万円以上なので、決して「安い店」ではありません。接客サービスもある程度、技術の高さが求められます。
また、吉原のソープで、求人要項は年齢20歳以上とされています。風俗求人に応募するための条件としては「18歳以上(高校生不可)」が基本ですが、吉原では20歳以上となっているのです。条例により、未成年は吉原のソープランドで働くことはできません。年齢の条件については厳しく見られるので、面接を受けるときには注意する必要があります。年齢確認のために、生年月日の記された身分証を持っていくことが求められます。運転免許証やパスポート、住基カードといった「顔写真付き」のものが、本人確認も出来るのでふさわしいと言えます。求人に応募するときには、忘れずに用意するようにしましょう。

【吉原で働く女性について】

吉原で働く女性は風俗ワークの中でもバイトという感覚ではなく職業として自覚を持っていて、顔出ししにくい風俗業界の中で、フードルとして活躍している場合もあります。20代~50代まで幅広い年齢の女性が吉原のソープで働いています。また、地方から出稼ぎとして吉原にやってくる女性もたくさん。お店が忙しくなる年末だけ上京して吉原で働くというソープ嬢もいるそうです。
1日で10万円以上を稼げる高級ソープ店では、ルックスやスタイルの他に学歴など教養をチェックされます。吉原で高級ソープで、指名客(太客)を抱える人気ソープ嬢になれば、年収2000万円以上いくことも。
他のエリアの求人一覧