すべりん棒(札幌ハレ系)のお店ダイアリー一覧

バナー広告高収入風俗求人ユカイネット

すべりん棒(札幌ハレ系)

ファッションヘルス/すすきの

60分1回の接客で最大10,000円★なのに責められる事ナシ!

お店ページをチェック

NEWSもっと見る

採用担当

お店ダイアリー

自己責任と罪悪感

バナー広告
「自己責任」

「私が悪いってことですよね」と受け取ってしまう人

誰かに傷つけられても、暴言を吐かれても、ひどいことをされても

「自分が悪いから、こういうことを引き寄せるんですよね。自己責任だからしょうがないんですよね」

と、引き寄せの法則まで絡めて諦めモードだったり、開き直っている人もいます。

私の印象ですが、自分の中に罪悪感がある人ほど「自己責任」というフレーズに拒否反応を覚えやすく、

罪悪感が強いほど、そういうネガティブな反応も比例して強い、そんな気がします。

もちろん、自覚できていない罪悪感もたくさんあります。

例えば、子どものころに何らかの出来事がきっかけで

「私は存在してはいけないんだ」という強烈な思い込みを抱いてしまったとします

こういう人にとっては「今、自分が生きて存在していること=罪」になってしまうんです。

だから、常に罪悪感とともに生きている、というとてもしんどい人生を送っているわけです。

これはひとつの例ですが、こんな人にとって、責任ってとても重く感じる言葉のようです。

もちろん、責任は誰にとっても大なり小なり重い言葉だと思いますが、

仕事や人生、自分の行動について、取るべき責任をきちんと取るというよりは、

「終わりのない重い荷物を押し付けられたような、恐怖や苛立ちを感じる」

・・・と、これは実際に言われたセリフなんですけどね。

だから「人生に起きることは自己責任」とか、「自分の選択に責任を持とう」なんてフレーズに対して

ネガティブな感情しかわいてこないときは、自分の奥深くにある罪悪感が反応しているのかもしれない。

だったらそこを見つめて癒すことが先かもね、という見方もできるということです。

冒頭に自由を謳歌と書きましたが、自己責任とは「自由でいることを自分に許してあげる」ということ。

自分の人生に何が起きても、自分次第でいくらでも変えられるし、

またそうしていっていいんだよ、という自由を自分に許すっていうことです。

これを受け入れている人は「自己責任=癒しの生き方」なんて言ったりもしています


店名:すべりん棒
業種:ファッションヘルス
勤務地 :南6条西5丁目 道劇ビル4階
Tel:0120-510-420
Mail:info@sp-matto.com

 2019/03/20 01:48

悩むとき

バナー広告
生きてりゃ悩む(笑)

悩むのもまた、生きてるアカシみたいなところがあるけど、

悩んでるときはそういうのぶっとんでいて(笑)

早くここから抜け出したいと思うのも正直な気持ち。

人間、悩みは大きく2つのパターンに分かれるみたいです。

ひとつは
自分ではどうにもできないことを、
どうにかしようとしているとき

そしてもうひとつは
自分でどうにかできることに対して、
何もしようとしないとき

今、自分がどっちで悩んでいるのかを見極めるのって結構大事な事。

そこを間違うと、人をコントロールしようとしたり、責任転嫁がやめられなかったり、

被害者意識から抜け出せなくなったりと、いつまでもしんどい状態が続くから。

変えられるものを変える勇気

変えられないものを受け入れる冷静さ

その2つを識別するための知恵

これが身につけばなあ、と思う一方で、

誰か(何か)に悩まされているのではなく、自分が悩みたくて悩んでいるんだ、ということは受け入れないと


店名:すべりん棒
業種:ファッションヘルス
勤務地 :南6条西5丁目 道劇ビル4階
Tel:0120-510-420
Mail:info@sp-matto.com

 2019/03/20 01:13

自分の周りにいる人たち

バナー広告
人生、どんな人と出会うかって大きいですよね。

時に自分の人生を変えてしまうくらい、出会いは大きな影響力を持ちます。

もし、出会いや、今周りにいてくれる人たちに恵まれているなと思うなら、

何よりまず、自分を誇らしく思っていいと思います。

そういう人を引き寄せているのは自分です

間違いなく「あなたと関わっていたい」と思うから、その人たちはそばにいるんですから。

人は言いたいことをいうものだし、
自分がとらえたいように物事をとらえる

それはつき合いでも同じで、
結局人はつき合いたい人とつき合うものだと思います。

自分のことを振り返ってみてもそうですよね?

この人と関わっていたいと思うならそばにいるし、そうでなければいつの間にか離れていきます。

だから「この人がそばにいてくれて嬉しいなあじーん」と思う人がいるなら、

きっとその人もこちらを同じように思っているはず、と私は信じています。

どうせなら、そばにいて「幸せだなあ」と感じる人がいつも周りにいてほしいものです。

そうなるための早道は 自分がそういう人になること。

こんな質の人に関わってほしい、という人に、まずは自分自身がなっていく。

そうすれば、その質に共鳴する人が集まってくるんですよね。

ただし、頭では「お金持ちの人にそばにいてほしいなあ」と思って努力しているつもりでも、

潜在意識でお金をたくさん持つとろくなことにならないとか、お金について悪いイメージを持っていると・・・

見事にそっちが引き寄せられます

まさに「他人は自分の鏡」の通り。

「こんな人が周りにいればいいのに・・・」と思うなら、まず自分から。

そして素敵な人をたくさん引き寄せて、幸せの相乗効果を味わえるといいですね


店名:すべりん棒
業種:ファッションヘルス
勤務地 :南6条西5丁目 道劇ビル4階
Tel:0120-510-420
Mail:info@sp-matto.com

 2019/03/20 00:38

「忙しい」が口癖の人は太る

バナー広告
新しいことにチャレンジする意欲を失わせるとか・・・
他人の都合のために時間を空けておかなければならないとか・・・
優先順位をつけられないとか・・・

「忙しい」「時間がない」を言い訳にして何かをやらない人って、

「やれない」のではなく「やりたくない」だけで、

それが自分にとって、どうしても必要ではないということ。

それをやる意味が腑に落ちていないから、意欲もわかないということ。

ダイエットに限らず、人生のすべてに当てはまることですよね。

自分が口にする言葉は、自分が一番聞いていて、その影響は絶大です。

「忙しい」「時間がない」が口癖で、ほどんど無意識に口にしている人は、

大切な自分の時間を、他人に奪わせることを許しているのかも、と思います。

自分の時間は、自分でコントロールし、自分がしたいことを自分で決めて自分のために使う。

それがダイエットの成功も含め、自分が心地よくいられるコツだと思いました


店名:すべりん棒
業種:ファッションヘルス
勤務地 :南6条西5丁目 道劇ビル4階
Tel:0120-510-420
Mail:info@sp-matto.com

 2019/03/19 23:58

自分に正直になることを焦らない

バナー広告
自分に正直であることが大事、前にと書きましたが、これを聞くと多くの人が

「NOを言うこと」や「嫌なことは断る」を思い浮かべるみたいです。

それだけNOが言えずに苦しんだ経験を持つ人が多い、ということでしょうか。

もちろん、嫌なことをされたらきちんと「やめて下さい」と押し戻さなければ、いつか自分が壊れてしまうかもしれません。

私も昔は断ることが苦手で、曖昧な返事をしてしまって自分のクビを締めたり、周囲に迷惑をかけたことがあります。

必要に迫られて断るときでも、激しい罪悪感を覚えたり、なぜか怒りがわいてきたりもしました。

そんな苦しい思いをしながらやっとのことで断っていたこともありました。

「NO」ひとつで、そりゃあもう大騒ぎです(^_^;)

自分に正直になるとき、「NOを言うこと」や「断ること」が必要になるのはほんとのこと。

でも、それがすべてじゃないんですよね。

自分に正直になること=NOを言うこと、とは限らない。

例えば、断るのが苦手、NOが言えないって苦しんでいる人が、本当に誰にも言えていないかというと

実は身近な人、家族や恋人、親しい友達などにはすっごく「NO」の態度で接していることがあるんです。

つまり、わがまま放題だったり、邪険にしたり、暴言を吐いたり、助けを拒絶したり、

もちろん甘えられる関係だからなんでしょうけど、それで片付けるにはちょっと度が過ぎていてあせる

そういう人が自分に正直になるためには、人に譲ってみるとか、素直に受け取るとか

助けを求めるというような「YES」の態度のほうが必要なこともあります。

もちろん、両方必要な人もたくさんいるかも。

自分に正直になる と、書くのも言うのも簡単ですが、

何年何十年もの間、自分にウソをつき続けてきた人にとって(私もそうですが)

1日や2日で正直者に大変身、なんて芸当はできません(^_^;)

何をどうすれば自分に正直なのか?ということも、万人に共通な答えなんてないから、

自分で探りながら一歩一歩進んでいかなきゃならない。

テッパンのやり方を他人に与えてもらって、すぐに成果が出なきゃイヤ!という人にはしんどいことです。

でも本当に、焦りは禁物なんです。

自分はどうしたいのか?
自分は何を感じているのか?

それを何度も問いかけて、気づいて、少しずつ実行できるよ

 2019/03/19 23:48

お店情報

お店名すべりん棒(札幌ハレ系)
勤務地札幌市中央区 MAP
業種ファッションヘルス
職種コンパニオン
資格18歳~30歳位 ※経験問わず募集中。※18歳未満(高校生を含む)の応募はお断りします。
給与日給35,000円以上可 月給80万円以上可
勤務日週1日からでもOKです。あなたのスケジュールに合わせて希望日を調整します。
時間朝10:00~深夜0:00の間でお好きな時間が選べます
交通地下鉄「すすきの駅」から徒歩5分
TOP