[特集]風俗店でお客さんから無理な要求をされたときの「上手な断り方」は?(愛されマル秘テク)

バナー広告高収入風俗求人ユカイネット
今話題の旬ネタ特集一覧高収入風俗のおしごとQ&A
おしごと図鑑スカウト登録キャンペーン
ユカイネット公式ブログ
店舗様はこちら

風俗店でお客さんから無理な要求をされたときの「上手な断り方」は?

愛されマル秘テク

風俗で働いていると、お客さんから無茶な要求をされ困らされることもありますよね。特にお客様からの本番強要は、ほとんどの風俗嬢がやんわりとかわした経験を持っていると思います。ほかにもさまざまな無茶な要求をするお客さんがおり、こういった無茶をいちいち断るのはかなり大変なものです。 そこで今回は、お客様の要求をやんわりとかわすための断り方をチェックしてみましょう。

お客さんからの無茶な要求の断り方とは?

無茶な要求をするお客さんにはっきりと「イヤ」「ダメ」「無理」「できない」と断ると、その後のプレイがかなり気まずくなることがあります。もしもこういった断り方でお客さんに「なんだか楽しくなかった」と思わせてしまうと、リピートも期待できなくなります。 だからといって、指名をたくさんゲットできる人気の風俗嬢が、お客さんの要求をすべて受け入れているわけではもちろんありません。では、世の風俗嬢はどのようにお客様の無理な要求をかわしているのでしょか?

1.「できないんです」と丁寧にお断りする

「ダメ」「無理」ときつく言うのではなく「それはちょっとできないんです」「できないルールになってるから、ごめんね」と、やんわり伝えてみましょう。 きっぱりとお断りするとお客さんは「もうちょっと言い方があるんじゃない?」と気分を害することがあります。しかし、丁寧な言い方をすれば角が立ちにくく、プレイ中の空気も悪くならずに済みます。

2.「ほかのプレイでサービスするから」と伝える

本番強要に対しては、「それはできないけど、ほかのプレイを頑張るから」とお客さんに伝えるのが効果的です。 お客さんのほとんどは本気で求めているというよりも「あわよくば」という気持ちで言っているので、断られるのは想定内なのです。「その代わりにほかのプレイでサービスするよ」と伝えれば、お客さんも結果的に得したような気分になってくれるもの。「サービスがいい」と思わせれば、次の指名につなげることができるかもしれません。

3.あまりにもしつこいときにはお店に相談

何度も断っているのにしつこく要求を続けてくるお客さんがいるときには「じゃあお店に聞いてみますね」「店長に確認しますね」と言って黙らせるのも1つの方法です。 風俗では、ルールに反したお客さんをNGにすることができますが、イヤなお客さんを片っ端からNGにしていくわけにもいきませんよね。まずは「お店に聞いてみる」と予防線を張って様子を見ましょう。それでもしつこいときには、スタッフに相談するなどの対処を考えるとよいでしょう。

お客さんからの本番強要や過剰サービスの要求、店外デートやライン交換といった無茶振りは、風俗の世界ではもはや「あるある」です。 無茶な要求をされたときには我慢して耐えるのではなく、上手に断るテクニックを身につけておきたいですね。お客さんへの上手な断り方やかわし方をマスターしておけば、ストレスなく快適にお仕事を続けていけますよ。

2020/02/05
TOP