[特集]黒ずみ乳首、ピンク色にすることはできる?(愛されマル秘テク)

バナー広告高収入風俗求人ユカイネット
今話題の旬ネタ特集一覧高収入風俗のおしごとQ&A
おしごと図鑑スカウト登録キャンペーン
ユカイネット公式ブログ
店舗様はこちら

黒ずみ乳首、ピンク色にすることはできる?

愛されマル秘テク

乳首の色は女の子の個性のひとつ。本来なら、肌の色や目の色などと同じでコンプレックスに思う必要はありません。しかし、風俗のキャストはさまざまな男性のお客様に乳首を見られることが多いもの。中にはご自身の乳首の色を気にされているという方も多いかもしれません。 そこで今回は、多くの女の子の憧れでもあるピンク色の乳首に近づけるための方法をご紹介します。

ターンオーバーを促進しよう

乳首の色が黒ずんでしまうのは、メラニン色素が蓄積してしまうから。メラニン色素が蓄積してしまう原因のひとつに、「古い角質が落ちない」というのがあります。つまり、古い角質を落としてしまえば、自然とメラニン色素も一緒に排除され、乳首の色がピンク色に近づいてくれるかもしれないということ。 古い角質を落とすには、ターンオーバー(新陳代謝)を促す必要があります。その方法のひとつがリンパマッサージです。リンパをマッサージすることで老廃物が排出され、ターンオーバーが促されます。 乳首の黒ずみが気になるという方は、まずリンパマッサージから始めてみましょう。

サイズに合ったブラジャーを着用しよう

乳首の黒ずみが気になる方は、ブラジャーのサイズをチェックしてみましょう。サイズが合っていないブラジャーを着用することで、乳首が黒ずんでしまう原因になる可能性があるのです。 というのは、例えば、小さいサイズのブラジャーを着用すると、胸が圧迫され結構やリンパの流れが悪くなります。リンパの流れが悪くなるのは上で紹介したとおりターンオーバーを悪くする原因のひとつです。また反対に、大きすぎるブラジャーをしていると、ブラジャーが乳首を擦ってしまい、その摩擦から肌を守ろうとメラニンが多く分泌されます。メラニンが多く分泌されれば自然と蓄積される量も多くなりますよね。 ブラジャーは胸の形をキレイに見せるためのものですが、胸がおさまっていればいいというものではありません。肩のストラップやワイヤーが食い込んでいないか、動くことでズレないかなどをしっかり確認し、自分の胸のサイズに合ったものを選ぶようにしてください。自分に合ったサイズがわからないという方は、ランジェリーショップの店員さんと相談しながら選ぶようにしましょう。

乳首パックや美白クリームを使ってみよう

乳首も肌の一部ですので、肌の黒ずみやシミを落とすための化粧品を使ってみましょう。 最も適しているのが乳首パックです。ヨーグルトやホエーという液体を使ったパックはいろいろな場所で売られているので、乳首の色が気になるという方は購入し試してみるといいでしょう。しかし、乳首パックは使用中、胸を露出した状態でいなければいけませんので、家族と一緒に住んでいるという方などは使用しづらいかもしれません。 そのような方は、美白クリームを使うことをおすすめします。美白クリームであれば塗った後に服を着ても平気なので、家族と一緒に住んでいる方でも気軽に使用できますよ。

ストレスで肌の調子が悪くなることもあるので、良質な睡眠をとるというのも重要です。また、栄養バランスのとれた食生活を心がけるのも大切でしょう。 乳首の色は女の子の個性です。何色であろうと気に病むことはありません。「それでも気になる!」という風俗のキャストの皆さんは、ここで紹介したことを参考にしてくださいね。

2019/07/04
TOP