[特集]温泉は風俗嬢のオアシス。草津白根山噴火で懸念される観光客の減少(今話題の旬ネタ)

バナー広告高収入風俗求人ユカイネット
今話題の旬ネタ特集一覧高収入風俗のおしごとQ&A
おしごと図鑑スカウト登録キャンペーン
ユカイネット公式ブログ
店舗様はこちら

温泉は風俗嬢のオアシス。草津白根山噴火で懸念される観光客の減少

草津の白根山が噴火し、被害者を出す惨事となっています。草津といえば温泉。観光に行っても大丈夫?
今話題の旬ネタ
スキー場

1月23日午前10時に噴火した白根山。犠牲者も出てしまい、被害が拡大しないか予断を許さない状況です。周辺に取り残された人がいないか捜索が開始されていましたが、「火山性微動」のため中止になったそうです → 「<草津白根山噴火>火山性微動で捜索を中止」。この噴火によってどのような影響が考えられるのか見ていきましょう。

予知が難しい火山の噴火

従来から警戒地域であった白根山の湯釜周辺ですら、噴火警戒レベルは最低レベルの「1」でした。「1」は「活火山であることに留意」という対応に留められ、「状況に応じて立ち入り規制」が行われる程度です。今回の噴火の火口は「鏡池」付近と見られ、湯釜から2キロほど南にある場所です。鏡池付近はおよそ3000年も噴火が観測されておらず、こちらの噴火警戒レベルは「1」となっていました。この噴火警戒レベルは観測データから割り出していますが、今回はレベルを引き上げる根拠となるデータに変化がなかったとのことです。ロープウェイの山頂付近にまで噴石が飛んでいるとの報告を受けて、ようやくレベルが「3(入山規制)」まで引き上げられました。

「火山性微動」とは何か

白根山の山麓から山頂にかけて草津国際スキー場があり、山頂付近のスキー場では白根火山ロープウェイのゴンドラの窓ガラスが割れるほどの被害があったそうです。報道では80人が山頂に残されたそうですが、全ての救援が完了しているとのことです。一夜明け、行方不明者の捜索のため再度入山しましたが、火山性微動が観測されたため捜索は中止されています。火山性微動は火山性地震とは異なる振動で、始まりと終わりがはっきりしない波形のことをいいます。この間は何が起こるか予測しづらいため、捜索を中止したものと考えられます。しかしこの火山性微動の振幅は小さく、火山性地震も徐々に減少しているそうです。

噴火による観光客の減少

近年の火山噴火といえば、2015年6月に起きた箱根火山の噴火が挙げられます。箱根火山は「火山」という名前こそ付いていますが、観測史上では初めての噴火でした。これにより、大涌谷では噴気が活発に起き、噴火警戒レベルも「3」とされました。大涌谷は「くろたまご」で有名で、箱根に来たら訪れたい観光スポットです。ここが入山規制されたことにより、箱根全体の観光客が減少しました。2016年7月に規制は解除されましたが、地元の観光業を営む人たちにとってはおよそ1年間、観光収入が激減することとなってしまいました。今回の白根山でも草津温泉への影響が懸念され、実際に周辺ホテルのキャンセルが増えてきていますが、現在規制されているのは山頂から半径2キロのエリアまでです。草津温泉は山頂から7キロ離れていることから、影響はないと考えられます。噴石が飛来するほどの被害を受けた草津国際スキー場でさえ、天狗山と御成山のゲレンデは2キロ範囲外となるため、営業を再開しています。本白根ゲレンデと青葉山ゲレンデは閉鎖されていますので、注意が必要です。

温泉に入る女

草津といえば関東地方でも有数の温泉街。風俗で働いている方の中にも、たまにはお休みを取って温泉でゆっくりしたい人もいるでしょう。また、スキー場でアクティブに遊んでストレス発散するのも良いと思います。火山は確かに脅威ですが、規制区域さえ立ち入らなければ大きな心配は無用といえます。災害はどこにいても起こるもの。情報には注意しながら、観光を楽しみましょう。

2018/01/24
TOP