[特集]風俗嬢も使い過ぎ注意!銀行カードローンと消費者金融について(今話題の旬ネタ)

バナー広告高収入風俗求人ユカイネット
今話題の旬ネタ特集一覧高収入風俗のおしごとQ&A
おしごと図鑑スカウト登録キャンペーン
ユカイネット公式ブログ
店舗様はこちら

風俗嬢も使い過ぎ注意!銀行カードローンと消費者金融について

何かとあると便利なカードローンですが、銀行カードローンと消費者金融はどう違うの?
今話題の旬ネタ
カードローン

普段は現金主義の人でも、一枚用意しておくと便利なカードローン。手持ちが少ない時に大きなお買い物をする時には役に立ちますよね。同じカードローンでも、「銀行系」と「消費者金融」と2つの種類があります。この2つはどう違うのでしょうか?どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

■銀行系カードローンとは

銀行系は銀行が貸付を行うローンのことです。銀行系は銀行法に則っているので、貸金業法の規制の対象外です。ですので、消費者金融よりも様々なメリットがあります。第一に、貸付限度額の制限がありません。審査さえ通ればその額が借りられます。第二に、金利が安いということです。一般的に、100万円を借りるとすると、消費者金融では15%程度の金利を払うことになりますが、銀行系では12%程度となっています。金銭面だけで比べるならば銀行系が圧倒的に有利と言えるでしょう。但し、審査に落ちると利用できません。

■消費者金融とは

消費者金融は賃金業法が適用されます。この法律の適用により、以前はグレーゾーンの金利の取り立てなどが問題となっておりましたが、現在はかなり健全になっています。そのため規制も厳しく、借入の限度額は年収の三分の一まで、収入証明書が必要になる場合がある(収入が無いと借りられない)といった制限があります。しかし、銀行系に比べ審査が通りやすい、審査の時間が短くすぐ借りられる、一定期間無利子の融資を行っているところがあるなど、消費者金融ならではのメリットもあります。

■使用するうえで注意したいこと

上記のことから、審査さえ通ってしまえば銀行系の方が良いのですが、このようなニュースが報道されました →「<全銀協>銀行カードローン3割が年収3分の1超を借り入れ」。限度額の制限が無いので、借入額が非常に大きくなっています。銀行も支払能力を審査して貸し付けているでしょうから問題は無いのでしょうが、それでも消費者金融より金利が安いとはいえ負担になってきますから、借りる方でも慎重に返済計画を立てて審査に臨むべきでしょう。一方消費者金融は、多額の借入自体が出来ないとはいえ、限度額ギリギリの借入は避けてください。短期間で確実に返済できる額を借りるのが良い利用法と言えるでしょう。

お金と電卓

風俗でお金を稼いで貯金が出来るようになっても、一時的に大きな出費が必要になることは時にはあるもの。その時に、いかに有利な条件でお金を都合できるか考えておきましょう。CMに惑わされず、必要な金額・貯金の残高・借入できる限度額・金利・返済期間、これらを全て勘案したうえで、上手にローンを利用してください。

2018/01/19