[特集]【処女風俗デビューあるある】明かしてもOK、ダンマリでもOKの体験談集!(愛されマル秘テク)

バナー広告高収入風俗求人ユカイネット
高収入風俗求人ユカイネットの初心者講座高収入風俗のおしごとQ&A
おしごと図鑑スカウト登録キャンペーン
店舗様はこちら

【処女風俗デビューあるある】明かしてもOK、ダンマリでもOKの体験談集!

 【処女風俗デビューあるある】明かしてもOK、ダンマリでもOKの体験談集!

気になるヴァージンデビュー
愛されマル秘テク

よく風俗求人で、「処女大歓迎!」や「処女多数在籍」という内容を見かけたことはありませんか? 逆に「処女なのに風俗やるの?」と思う方もいることでしょう。 そこで今回は、処女でありながら現役風俗嬢として勤務する人たちに、デビュー当時のあるある体験を語ってもらいました。

■恵まれた環境だからソープでも不安解消!

「ソープだったので当然、最初は不安でした。でもベテラン(風俗嬢)の人たちが優しくて、いろいろアドバイスしてもらえたから、処女だということはバレずに済みました。研修は、講師が女性だったし、怪しい実技とかもなかったので、特に処女だからどうこうというのはありませんでした」(20歳/高級ソープ嬢)

風俗研修というと、男性講師との本番実技をイメージされがちですが、今はそうしたことはありません。また、実技などの講習内容も、彼女が話すように「あくまで常識の範囲内」であることが一般的といえます。そうした店舗側のスタイルにくわえて、先輩風俗嬢がフォローする風通しのよい環境なら、特に処女でも問題はないのでしょう。

■言葉攻めでもダンマリ交わす!

「触りナシだから裸はいいけど、言葉攻めが嫌です。だって(客が陰部を)見ただけで『処女っぽいよね』って言われれば、ビックリするじゃないですか。何で分かるんだろうって感じで……。でも(客に言われても)黙ってましたどね笑」(19歳/オナクラ譲)

かなりリアリティな発言なので、参考になった方も多いのではないでしょうか。それにしても、なかなかタフなハートの持ち主ですよね。ちなみに、陰部の色で処女かどうかを見分けるのは、都市伝説らしいです。色白肌の人もいれば、色黒の人もいるように、あくまで陰部の色というのは、体質に関係しているとのこと。

■男性スタッフに打ち明けて吹っ切れた!

「最初はスタッフにも隠してたけど、経験がないから接し方がよくわからなくて…。そのことを(男性スタッフに)話すと、『ごめんね、もしかして処女とか?』と聞かれ、思わず本当のことを言っちゃいました。でも、そこで割り切れた感じがして、スタッフの言う通り『客に身を任せる』ようにしてます」(23歳/ピンサロ嬢)

風俗業界のスタッフは男性中心ですが、困ったときこそ頼りになる存在といえます。いくら異性とはいえ彼らも仕事ですから、全力で協力してくれるはずです。また、スタッフは個人情報を慎重にあつかうよう指導されているので、口外の可能性も低いといえるでしょう。

■手コキだから処女とか関係なし!

「うちって基本、手コキだから処女とか関係ないかも。普通に処女率高いし。たまにフルヌ(全裸)のとき、興奮してハード(タッチ)する人とかいるけど、『ヤダ』って言えば止めてくれるかな」(24歳/手コキ&オナクラ譲)

風俗業と一口にいっても、ジャンルはさまざま。彼女のように自分に合ったジャンルを選べば、特に処女ということには触れないで、普通に仕事することもできます。というより手コキ&オナクラ店は、彼女の言う通り「処女率が高い」ことで知られているため、もしかしたら“それ目当て”で訪れる客も多いのかもしれません。

やはり風俗の仕事は、男性を相手にするため、男性経験があるに越したことはありません。でも、今回登場した4人の体験談を聞けば、あながちそうではなさそうなところ。面接の際は、環境や研修について質問したり、事前にジャンルを調べたりしてみてはいかがでしょうか。

2016/12/15