関西での風俗新着掲載店一覧

関西の新着掲載店一覧

メニュー
関西は女子が楽しめる見どころがたくさん!
京都、大阪の2府を中心に、奈良、滋賀、兵庫、和歌山の4県を加えた一帯が関西地方です。
かつてこの地方を呼ぶ言葉としてあった「畿内」は、「首都周辺エリア」を意味していました。西暦794年、平安京が築かれた時代から数えて100年あまり、明治になって首都が東京に移るまで、京都が「みやこ」と呼ばれていた日本の中心地だったのです。また、平安京以前の「みやこ」である平城京が現在の奈良にあったこともあり、関西は洗練された文化を持つ地方として栄えていたのでした。その名残は、今も関西地方の各地に残っています。
平安時代から江戸時代の末まで天皇の居所として利用されていた京都御所、奈良の平城京にあった平城宮(跡)は一般公開されており、関西が「畿内」と呼ばれていた頃の空気を味わえます。
特に平城宮跡を中心とするエリアでは毎年「平城京天平祭」が開催されていて、奈良時代の衣装体験が出来たり、当時みやこを守っていた衛士隊の装束に身を包んだ凛々しい男子たちの再現行列を見ることが出来たりと、さまざまな催しがあります。
その他、歴史が感じられる見どころとしては、五重塔のある法隆寺や東大寺、東西の本願寺、金閣寺、清水寺など、息をのむような見事な建築を見ることができるお寺が、奈良と京都にはあります。数多くの寺社仏閣が残っているのは歴史を大事にする関西の特徴で、金剛峯寺を頂点に置く和歌山県の高野山は、2015年には開創1200年を記念して一般公開されています。
また、歴史を大事にする関西は、東京に次ぐ大都市である大阪の中心地こそ都会的な開発がなされていますが、美しい自然を楽しめるエリアでもあります。
「水都」というキャッチフレーズを掲げた大阪、湖面に映る空が輝くような琵琶湖が広がる滋賀、清明な潮の香りがする瀟洒な港街である兵庫県の神戸など、関西には水をめぐる見どころもたくさんあります。
堂島川、土佐堀川の流れを見ることができる大阪・中之島や、京都の鴨川沿いのエリアには、涼やかな川風に吹かれながらまったりできるオシャレなカフェがあり、足を休めるのに最適です。もちろん川や海、湖を船でクルージングすることも可能です。神戸では、「レストランシップ」と呼ばれるクルーズ船で神戸港を巡って美しい港街の風景を堪能しつつ、美味しい料理を楽しむことも出来ます。
目で見て楽しく、巡って楽しい。それが、関西地方の特徴なのです。
店舗様はこちら