[特集]風俗嬢にも人気の俳優が!坂口憲二さん難病で芸能活動を無期限休止!(今話題の旬ネタ)

バナー広告高収入風俗求人ユカイネット
今話題の旬ネタ特集一覧高収入風俗のおしごとQ&A
おしごと図鑑スカウト登録キャンペーン
ユカイネット公式ブログ
店舗様はこちら

風俗嬢にも人気の俳優が!坂口憲二さん難病で芸能活動を無期限休止!

イケメン俳優として一世を風靡した坂口憲二さんが難病のため芸能活動の無期限休止を発表しました
今話題の旬ネタ
股関節の名称

2000年代前半にはイケメンランキングの常連として世の女性方の胸をときめかせていた俳優の坂口憲二さん。年を重ねても男らしく渋さが光る素敵な方ですよね。そんな坂口さんが難病を発症し芸能活動の休止を発表しました →「坂口憲二難病公表 兄・征夫が『本人が一番シンドい…温かく見守って』」。坂口さんを襲った「特発性大腿骨頭壊死症」という病気について調べてみました。

特発性大腿骨頭壊死症とはどんな病気か

父と兄ともにプロレスラーで、自身も柔道二段の腕前を持つ坂口さん。185cmの長身で胸板は厚く、見るからに筋肉質。俳優でありながら格闘家と見まがう程の体格をしています。そんな坂口さんがなぜこのような病気にかかってしまったのでしょうか。特発性大腿骨頭壊死症とは、股関節にあるボール型の骨の周りの血流が何らかの原因により止まってしまい、組織が死んでしまう病気です。壊死が起こるとボール状の骨が潰れて激しい痛みを伴い、歩行困難という症状が現れます。「特発性」と名前が付く通り原因が不明とされていますが、ステロイド剤の投与による副作用や、アルコールの大量摂取による発症例も報告されています。

どんな治療が必要?

初期症状では保存療法によって進行を遅らせていきます。しかしある程度症状が進行すると、手術による治療が行われます。手術にも幾つか種類がありますが、ボール状の骨全体が壊死していないのであれば、壊死している部分を負荷のかかる部分から移動させる方法が主流です。「大腿骨内反骨切り術」や「大腿骨頭回転骨切り術」と呼ばれています。この方法のメリットは、自身の骨を温存できるという点にあります。更に進行すると、人工股関節を検討することになります。人工股関節にすると痛みは消滅しますが、人工物(インプラント)には耐久年数があるため、できる限り人工関節の置換手術は遅らせる方向で治療が行われるのが一般的です。坂口さんは既に手術を終えられているとのことですが、再発の恐れということも伝えられていますので、大腿骨内反骨切り術(または大腿骨頭回転骨切り術)が行われたのかもしれません。

復帰のメドはあるのか?

手術後はリハビリにより通常の社会生活は問題なく行えるとされています。しかし坂口さんの場合は俳優という職業柄、全てが大人しい役やナレーションの仕事というわけにはいかないでしょう。リハビリや次のステップの治療によって完治を目指すことになります。時間はかかると思いますが、復帰は断念せざるを得ないという状況ではないと見られます。かつては晩年の美空ひばりさんや、X JAPANのベーシストであったTAIJI(沢田泰司)さん、ケツメイシのRYOJIさんもこの病気に苦しめられていたと報道されています。

医師と手術台

今回、芸能活動の無期限休止という措置を取られたことは英断だったと思います。家庭を持って、お子様もいらっしゃる方ですので、まずは家族のために体調を整えられること。そして、また私たちの前に素敵な姿で復帰して欲しいですね。坂口さん、頑張って下さい!

2018/04/02
TOP