[特集]店外デートに誘われたら? お客様を怒らせない上手な断り方(愛されマル秘テク)

バナー広告高収入風俗求人ユカイネット
今話題の旬ネタ特集一覧高収入風俗のおしごとQ&A
おしごと図鑑スカウト登録キャンペーン
ユカイネット公式ブログ
店舗様はこちら

店外デートに誘われたら? お客様を怒らせない上手な断り方

断り上手は、やんわりNO!
愛されマル秘テク

風俗店で働いていると、お客様から「今度、外で会わない?」「2人でデートしようよ」と店外デートに誘われることもあります。基本的に店外デートはお店で禁止されている行為ですが、「お店のルールなので無理……」と素直に答えてしまうと、お客様を失うことになりかねません。 お客様を上手につなぎとめながらも、店外デートのお誘いを断るためにはどのような言葉選びをするべきなのでしょうか? 「お客様を怒らせない店外デートの断り方」のコツをチェックしてみましょう。

風俗店で店外デートが禁止されている理由とは?

風俗店では常にスタッフが近くに待機しているため、万が一何かしらのトラブルが起こってもスタッフが仲介して助けを出してくれます。 しかし、店外デートはお客様と2人きりで会うもの。何かしらの危険やトラブルが起こった場合、助けを出してくれる人はいません。キャストを危険な目に遭わせないために、店外デートを禁止しているのです。 また、店外デートを行った際にお客様との間でトラブルが起きたら、お店の損害につながる可能性があります。これも風俗店で店外デートが禁止されている理由です。 店外デート禁止のルールを無視し、それがお店側にバレてしまった場合は、解雇されてしまうこともあるため注意しましょう。

お客様を怒らせない店外デートの断り方

お店のルールとはいえ、「ルールですから!」とキッパリ強くお断りすると、お客様を怒らせてしまう可能性があります。 「お店のルールがあって、守らないとペナルティがあるんです……」というように、お客様に非はないこと、そしてルールを守らないと自分の立場がピンチになるということをアピールすると、お客様も納得しやすくなります。 他にも、「昼は学校に通っている」「試験が近いので休みの日は勉強をしている」など、本業が忙しいことをアピールしたり、「実家に住んでいるから、風俗勤務がバレたら困る」といった家庭の事情を話したりするのもおすすめです。

初来店や時々指名をくれるお客様への店外デートの断り方

初来店や時々指名をしてくれる程度のお客様が店外デートに誘う場合、下心つきのことがほとんどです。「お店のルールだから外では会えないの。○○さんといるのは楽しいから、指名してもらえたら嬉しいな」「このお店で働けなくなったら困るの。ごめんね」など、次に指名してもらえるようなトークを展開するのがおすすめです。 以上からもわかるように、断り方のコツは「誘ってもらえたのは嬉しい」ことをアピールすること。その上で、ルールだから・ペナルティがあるから・仕事がなくなると困るから、など「自分の立場がピンチになる」理由を伝えましょう。

いつも指名をしてくれるお客様への断り方

頻繁に来店しているお客様なら、お店の規則で店外デートが禁止されていることについても知っているものです。その上で店外デートに誘ってくる場合、「規則だからNG」と断るよりも「プライベートが多忙」「怖い思いをしたことがある」など、個人的な理由を持ち出すほうが有効です。 「外では会えないけれど、そのぶんサービスしますね」と伝え、お店で会うほうがメリットがあるということを伝えると、お客様も納得してくれるケースが多いです。 断り文句に一言プラスして、お客様にお得感を与えるのがポイントといえるでしょう。

お客様を怒らせない店外デートの断り方は「お客様が悪いわけではないこと」「ルールを守らないと自分がピンチになること」を入れることが重要です。 何度も店外デートに誘ってくるお客様には対応に困ることもありますが、上手にかわしながら対応していきましょう。

2018/03/14
TOP