[特集]アルマーニ小学生に嫌がらせ!風俗嬢も贅沢は敵か!?(今話題の旬ネタ)

バナー広告高収入風俗求人ユカイネット
今話題の旬ネタ特集一覧高収入風俗のおしごとQ&A
おしごと図鑑スカウト登録キャンペーン
ユカイネット公式ブログ
店舗様はこちら

アルマーニ小学生に嫌がらせ!風俗嬢も贅沢は敵か!?

アルマーニの導入を決めた小学校の生徒に対する嫌がらせが相次いでいます。贅沢品を身に着けるのは悪いことでしょうか?
今話題の旬ネタ
銀座

銀座にある泰明小学校は、標準服としてアルマーニがデザインした服を導入することを決定しました。決定した時も話題になりましたが、今度は生徒に対しての嫌がらせも相次いでいるとのことです →「「アルマーニか」銀座の小学生に嫌がらせ相次ぐ」。小学生の子供にアルマーニとは贅沢すぎるとの批判もありますが、どうしてこのような事態になったのか振り返ってみましょう。

アルマーニ導入の経緯

泰明小学校は東京都中央区の銀座数寄屋橋近くにある、1878(明治11)年に創立された名門校です。名門校といっても、私立ではなく公立の小学校です。島崎藤村や近衛文麿といった人物が卒業生に名を連ねています。和田校長は保護者宛ての文章で「銀座の街のブランドと泰明ブランドが合わさったときに学校、子どもらと街が一体化する」と説明しており、銀座らしさを出したいことからアルマーニを選択したというように読み取れます。また、「銀座にある学校らしさ」をアルマーニを着用することによって育んでいくとも主張しています。2017年9月に制服変更の報告をし、同11月に価格帯が発表されたとのことです。

アルマーニ導入による批判

まず問題になっているのがその価格帯です。任意購入や選択制のものも含めると、男女ともに8万円を超える額となります。「標準服」という名は付いていますが、実質的には「制服」と言えるものですから、購入が義務付けられているといっても過言ではありません。いくら銀座という土地柄とはいえ、公立学校においてこうした高価な服の購入を押し付けるのはいかがなものかという批判が多くあるのです。また、「小学生にアルマーニ」という不釣り合いとも思えるブランド服をなぜ着せないといけないのかという批判もあります。和田校長は、「視覚から受ける刺激による「ビジュアルアイデンティティー」の育成」が「服育」であると主張しています。ならば、なぜこうしたことがアルマーニでなければならなかったのか、必要性を感じてしまいます。

贅沢品は教育に必要か

アルマーニに限らず、こうしたブランド品や贅沢品を子供に与えるというのは必要なことなのでしょうか。確かに子供の頃からそうしたものに触れることによって、「品質の良いものが分かるようになる」「品の高い人間になる」可能性はあるかもしれません。しかし、それだけの事が出来るほどの資産家の家庭に生まれた子供であれば、家庭内で教育されれば良いのではないでしょうか。「学生の本分は勉強」とよく言いますが、特に公立の学校であればもっと学業そのものに力を入れて欲しいと思います。私立の学校だったら「学校のブランドイメージ」を掲げ、それに賛同した人のみが入学すれば良いのですが、泰明小学校は公立の学校であるというのが今回の問題のネックになっていると考えます。

小学生男女

教育的見地から批判も多い話題ですが、だからといって子供に嫌がらせするというのは問題があります。むしろ騒ぎになったことで迷惑を被っているのは子供たちかもしれません。標準服が導入された以上、何年かは続いてくものと思われます。その間にも、子供たちはこういった問題に振り回されず、伸び伸びと勉学に勤しんで欲しいと思います。

2018/02/20
TOP