[特集]熱戦真っ最中の平昌オリンピックに風俗嬢も熱狂!?(今話題の旬ネタ)

バナー広告高収入風俗求人ユカイネット
今話題の旬ネタ特集一覧高収入風俗のおしごとQ&A
おしごと図鑑スカウト登録キャンペーン
ユカイネット公式ブログ
店舗様はこちら

熱戦真っ最中の平昌オリンピックに風俗嬢も熱狂!?

2月9日に開幕した冬季オリンピック。今大会では何個のメダルが獲得できるでしょうか
今話題の旬ネタ
金銀銅メダル

開幕直前になって北朝鮮が韓国と合同で参加することになったり、ロシアが組織的なドーピング問題で国としての参加が認められなかったり、またボランティアスタッフのボイコットやノロウイルスの発生など、早々に様々なトラブルが起こった「第23回オリンピック冬季競技大会(通称:平昌オリンピック)」。それでも競技自体は一部を除いて順調に行われ、日本勢もメダルを獲得しました →「高梨沙羅、やっと届いた日本女子初の銅「涙止まらない」」。今年はいくつのメダルを獲得できるか、注目してみましょう。

過去の冬季オリンピック成績

近年、フィギュアスケート人気が高まっていますが、1992年アルベールビルの女子シングルで銀メダルを獲得した伊藤みどり選手がその元祖と言えます。伊藤みどり選手は現在では解説者として活躍していますが、現役時代は女子選手として世界初の3回転アクセルを成功させるなど、偉大な功績を残しています。2006年トリノでは荒川静香選手が悲願である日本人初の金メダルを獲得。2014年ソチでは羽生結弦選手が男子初の金メダルに輝きました。1992年アルベールビルでは、現参議院議員である橋本聖子選手がスピードスケート1500mで銅メダルを獲得しています。2002年ソルトレークシティと2010年バンクーバーでは残念ながら日本人の金メダルはありませんでしたが、2010年バンクーバーといえば、浅田真央選手が銀メダルを獲得したことで記憶に残っている方も多いでしょう。その他、モーグルやスキージャンプでもコンスタントにメダルを獲得しており、日本人選手は冬季オリンピックには強い印象があります。

今年の有望選手

既に高木美帆選手がスピードスケート女子1500mで銀メダル、髙梨沙羅選手がスキー・ジャンプ女子で銅メダル、原大智選手がスキー・フリースタイル男子モーグルで銅メダルを獲得しています。人気のフィギュアスケートでは何といっても羽生結弦選手の2連覇に期待がかかりますが、昨年11月に右足関節外側靱帯損傷を負っており、どれくらい回復しているかがカギとなります。練習は再開しており、あとはシングルぶっつけ本番へ照準を合わせています。羽生結弦選手を猛追しているのが宇野昌磨選手で、団体戦ではライバルとされるネイサン・チェンを抑えてトップの成績を収めました。女子では日本人の選考でトップ通過した宮原知子選手に注目ですが、見た目上の出来栄えに対して低めの採点がされている所が不安要素です。本人はいたって調子が良さそうなので、点数を気にせず思い切った演技を見せて欲しいですね。スピードスケートの小平奈緒選手、スノボ男子ハーフパイプの平野歩夢選手、ノルディックスキー複合の渡部暁斗などメダル圏内と言われる選手は多く、金メダル獲得に期待が掛かります。

ダークホースの台頭

スキー・フリースタイル男子モーグルで銅メダルを獲得した原大智選手ですが、原大智選手はこれまでワールドカップの4位が最高順位で、世界大会では表彰台に上ったことがありませんでした。2006年のトリノでは、フィギュアスケート女子シングルでメダルに期待の掛かった安藤美姫選手や村主章枝選手が順位を落とす中、荒川静香選手が金メダルに輝いたのです。このように、予想していなかった選手がメダルを獲得するということは珍しくありません。たとえば今回のフィギュアスケートであれば、女子なら坂本花織選手、男子なら田中刑事選手がダークホースと言えます。このような選手が活躍することによってその競技がより注目されるようになりますし、見る楽しみも増えますので、アッと驚くようなサプライズがあると盛り上がりますよね。

女子スケーター

まだまだ開幕から5日目の平昌オリンピック。設備や気候などの問題が心配されていましたが、蓋を開けてみたらオリンピックならではのドラマが繰り広げられていて一安心です。最終日にはどれだけのメダルを獲得できたかと同時に、オリンピックが無事閉幕して、日本人選手団の皆さんを笑顔で迎えられることを祈りながら応援しましょう!

2018/02/13