[特集]風俗でシャワーを浴びたがらないお客様への対応策(愛されマル秘テク)

バナー広告高収入風俗求人ユカイネット
今話題の旬ネタ特集一覧高収入風俗のおしごとQ&A
おしごと図鑑スカウト登録キャンペーン
ユカイネット公式ブログ
店舗様はこちら

風俗でシャワーを浴びたがらないお客様への対応策

上手くシャワーに誘うには・・・?
愛されマル秘テク

風俗では性病予防のためにお客様にシャワーを浴びてもらうのがルールですが、中にはシャワーを浴びたがらないお客様もいます。 こうしたお客様に遭遇した時にあわてないために、シャワーを浴びてもらうための対応策をご紹介しましょう。

どんなお客様がシャワーを浴びたがらないの?

1.「シャワー時間がもったいない」

シャワーもプレイ時間に含まれるため、お客様の中には「シャワー時間がもったいない」と思う人もいます。「お店のルールですから」と優しく説得していきましょう。

2.「派遣型の場合、自宅の風呂場が利用できない」

風呂場に物を置いていてシャワーが使えない、共同風呂である、などの理由でシャワーが使えないことがあります。こちらはルール違反になるので、理由を話して中止しましょう。

3.「身体的な理由でシャワーができない」

「身体的な理由」はケガをしていたり、介護が必要な状態になっていたりしてシャワーを浴びることが困難な場合です。ラップを巻くなどして対応が可能ならプレイ続行してもOKですが、手を貸してもシャワーが難しそうなプレイ中止になります。

「一緒にシャワーしたいなあ」と最初はやんわり

お店のルールですからシャワーを浴びてもらわないといけないのですが、最初から強く出てしまうとお客様が気分を悪くされて、その後の接客に差し支える可能性があります。最初は「一緒にシャワーしたいなあ」というように、キャストから誘ってみましょう。

「お店のルールだから」と正論で頼む

一緒に誘ってもゴネるようなら、「お店のルールだから」と正論を盾にしてみましょう。キャスト自身のためというより、お店のせいにして、丁寧に、申し訳なさそうに言うのがお客様の気分を悪くしないためのコツです。

最終的には「お店に確認しますね」が効果的

お店のルールだと頼んでも受け入れてくれない場合は、たとえ今回はうまく接客できたとしても、次回からも同じようにルールを破ってくる可能性があります。キャストがここまで頼んでも拒絶するような場合は「お店に確認しますね」と言って様子を確認しましょう。 ここでシャワーを浴びてくれればOKですが、まだゴネるようならスタッフに連絡してしまっても構いません。

キャスト自身もシャワーテクニックを磨こう

シャワータイム自体に不満を持っているお客様に対しては、キャスト自身がシャワーテクニックを磨くことで不満解消できます。シャワータイムも楽しいプレイの一環だと思ってもらえるように、風呂プレイテクニックを磨きましょう。 また写メ日記などに「お風呂大好き」と風呂プレイに自信があることを書いておくと、シャワータイムが苦手なお客様にも興味を持ってもらいやすくなります。

シャワーを拒絶するお客様には、最初は「一緒に入りたい」、次に「お店のルールなので」と申し訳なさそうに、という感じに段階的に誘っていきましょう。シャワータイムに不満を持っているお客様も少なくないので、キャスト自身シャワーテクニックを身に付けて不満解消に持っていくと評価アップにもつながります。

2018/01/25
TOP