[特集]風俗嬢も受験した?センター試験の季節(今話題の旬ネタ)

バナー広告高収入風俗求人ユカイネット
今話題の旬ネタ特集一覧高収入風俗のおしごとQ&A
おしごと図鑑スカウト登録キャンペーン
ユカイネット公式ブログ
店舗様はこちら

風俗嬢も受験した?センター試験の季節

2018年の1月13日と14日でセンター試験が行われました。皆さんの中にも受験した人はいますか?
今話題の旬ネタ
勉強する人

新年を迎えるとやってくるセンター試験の季節がやってきます。「センター試験 「ムーミンの舞台はフィンランドではなくムーミン谷」 ネット上で「出題ミス」の指摘相次ぐ」今年も出題ミスや、悪天候で開始時間を遅らせる地域があったりと、様々なドラマがありました。受験生本人にとっては気が気でない問題ですよね。現役高校生の風俗嬢はいないでしょうが、風俗は一般的に18歳から働けますので、一浪や二浪で受験したという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

■センター試験って何の試験?

アラフィフには「共通一次」と言った方が馴染み深い、大学入試のための統一試験ですが、1990年からは「大学入試センター試験」として実施されています。「大学に入学を志願する者の高等学校段階における基礎的な学習の達成程度を判定することをおもな目的」としています。過去に入学試験において極端な奇問・難問が出題されていたのを排除し、一定の学力基準を測るために導入された制度です。共通一次の時代には国公立大学受験者が対象でしたが、センター試験では私立大学も試験成績を利用できるようになっています。この試験を経たのち、志望の大学の合格ラインを見極めて志望校を絞り込むのが通例となっています。

■過去の出題ミス

「奇問・難問を排除」と言っておきながら今回のような問題は「奇問」に分類されると思いますが、時代に即したテーマを扱うことは度々あるようです。別問題ではiPhoneについての出題がされました。また、出題ミスは過去にも度々指摘されています。2015年の「世界史B」では、選択問題なのに正解が2つあったそうです。お笑いっぽいのは、「けいたい」を漢字で書く問題があるのに、試験の注意書きに「携帯電話の電源をお切りください」と書いてあったなんていうこともありました。また、センター試験ではありませんが大阪大学でも出題ミスにより、1年近く経ってから追加合格を発表する事態がありました。こうした問題は一人の若者の人生の歯車を狂わせることになりかねませんので、是非とも改善してもらいたいですね。

■高学歴風俗嬢はいるの?

入試がセンター試験のみなのか、志望大学での2次試験を受ける必要があるのかは大学の制度によりますが、合格すると晴れて4月からは大学生になります。「女子大生風俗嬢」と聞くとそそられるものがありますが、現役の風俗で働いている女の子に調査したら、普段は大学生として勉強に勤しんでいる子もかなりいました。学費や生活費など金銭的な問題を抱えたまま進学したため止む無く働いている子もいましたが、「女子大生」というブランドを生かして稼ぐことができるというのが大きな理由のようです。大学生になると付き合いの幅も広がり、オシャレにもお金を掛けたいし、勉強もしなくてはならないから時間も多くは取れないし…というところで風俗でのアルバイトが効率が良いので、選択肢に入ってくるとのことでした。

三角定規を持つ女

大学は社会人になる前に自分の見識を広めることのできる大切な場です。センター試験でおおよその進路が決まりますので、できるだけ有利な進路選択ができるよう、ベストな状態で臨みましょう。そして希望した大学に入学した暁には、風俗で働くのも職業選択の自由ですが、学生の本分である学業をおろそかにしないようにして下さいね。

2018/01/15