[特集]AIは風俗嬢の癒しになる?ソニーのaibo復活!(今話題の旬ネタ)

バナー広告高収入風俗求人ユカイネット
今話題の旬ネタ特集一覧高収入風俗のおしごとQ&A
おしごと図鑑スカウト登録キャンペーン
ユカイネット公式ブログ
店舗様はこちら

AIは風俗嬢の癒しになる?ソニーのaibo復活!

かつて話題を集めた犬型ロボット「AIBO」が復活しました。進化したAI時代に再び旋風を巻き起こす!?
今話題の旬ネタ
子犬

1999年に発売され一大旋風を巻き起こしたソニーの「AIBO」ですが、今年に入って復活しました。「ソニー「aibo」が12年ぶり復活 激戦ロボット市場でシェア獲得なるか」。読み方は同じ「アイボ」ですが、今度は綴りが小文字の「aibo」なんですね。盛り上がりつつあるロボット市場でどれくらいのシェアを確保できるか注目されます。

■新型「aibo」ってどんなロボット?

「aibo」の発売は今年の1月11日でした。「ワン・ワンワン」ということで洒落てますよね。今年の干支は戌(いぬ)年だからなおさらです。実物の写真は検索してご覧いただきたいですが、前モデルよりも更に犬らしいルックスになっています。クラウドを介してAIデータを蓄積し、「育てる喜び」が味わえるということです。12年も経てばAI技術も進化しており、予めインプットされたデータをこなすだけではなく、更に新しいデータを覚えることができるのがポイントでしょう。動的なコミュニケーションを通じて成長していくというのは本物のペットと同じで、育て甲斐がありますよね。

■競合するロボットたち

高知能なロボット市場が成熟しているのは、高齢者社会が進む中でコミュニケーションの役に立ったり、実際の介護に必要なサポートを行えることが望まれているという点があります。ソフトバンクの店舗でも見ることができる「ペッパー」や、タカラトミーの小型ロボット「コズモ」、世界的な家電見本市「CES 2018」で発表されたホンダの「3E-A18」、同じくホンダの元祖二足歩行ロボット「ASIMO」など、既にお馴染みの製品がズラリと並んでいます。こうした競合製品の中でソニーが「aibo」を復活させたのは、市場が成熟して勝機が見えてきたこと、AI技術の進化により優れた製品を開発することができたこと、そして元々あったブランド力を生かすチャンスがあったことなどが挙げられるでしょう。

■加熱するAI市場

敢えて「ロボット市場」ではなく「AI市場」としましたが、近年ロボットのみならずAIを搭載した製品が増えてきたと感じませんか?スマートスピーカーと呼ばれる分野では、Googleの「Google Home」、アマゾンの「Amazon Echo」、LINEからは「Clova WAVE」が発売されました。初期のAI機能は精度がそれほど高くなく実用性に欠けた所がありましたが、最近の製品は「ディープ・ラーニング」と呼ばれる深層学習機能を備え、またクラウドを利用することで事実上上限無くデータを蓄積できるようになったことで、AIの実用性が飛躍的に向上しました。技術は更に進歩するでしょうし、少子高齢化も進んでいきますから、更にAI機能を搭載した製品を利用する機会は増えていくでしょう。

子供とロボット

「aibo」は20万円近い価格にも関わらず、抽選販売になるほどの人気を得ています。AI機能に興味があるというよりは、ペットを飼いたいけど飼えないなどの事情がある人の方が多いのではないでしょうか。風俗嬢の方でも、「ペットNGのマンションに住んでいる」、「世話ができない」、「アレルギーがある」といった事情があってペットを飼えない方がいると思います。こうした製品がもっと出回って、より手頃な価格で販売されるようになって、癒しの存在になってくれたらいいですよね。

2018/01/12
TOP