[特集]新しい決済サービス「Google Pay」で風俗遊びの幅は広がるか(今話題の旬ネタ)

バナー広告高収入風俗求人ユカイネット
今話題の旬ネタ特集一覧高収入風俗のおしごとQ&A
おしごと図鑑スカウト登録キャンペーン
ユカイネット公式ブログ
店舗様はこちら

新しい決済サービス「Google Pay」で風俗遊びの幅は広がるか

Googleが新決済サービスとして「Google Pay」を発表しました。キャッシュレスのサービス拡大で風俗遊びも手軽に?
今話題の旬ネタ
スマホいじっている

Googleが新しい決済プラットフォームとして「Google Pay」を発表しました。詳しくはソースをご覧ください→「Google、Android PayとGoogle Walletを統合、「Google Pay」に」。「Google Pay」とは何なのか?私たちの生活にどのような影響があるのか、見ていきたいと思います。

■「Google Pay」で何ができる?

「Google Pay」は、支払いサービスの「Android Pay」と送金サービスの「Google Wallet」という従来存在していた2つのサービスを一つのプラットフォームに統合した新ブランドの呼称です。これにより、今まで使い分けをしなくてはならなかったサービスがまとめられ、使い勝手が向上します。Googleアカウントで管理され、YoutubeやChromeのサービスも利用できるようになるとのことです。一般ユーザーにとっては、「モバイルSuica」のような支払いサービスが一つ増えたような感覚だと思います。

■「Google Pay」の利点

単に実店舗やオンラインでの支払いをキャッシュレスで行うだけなら、前述した「モバイルSuica」や「おさいふケータイ」、キャッシュカード、デビットカードなどで十分ですが、管理がGoogleアカウントで行えるというのが「Google Pay」の利点と言えるでしょう。「Android Pay」の機能であった支払いサービス、個人間の送金も可能な「Google Wallet」の履歴をGoogleアカウントで見ることができるので、Gmailの作成などで多くのユーザーがGoogleアカウントを所持している現状を考えると、同様のサービスを提供しているプラットフォームよりもアドバンテージがあると言えます。宿泊施設の予約サービスである「Airbnb」も「Google Pay」に対応しており、Googleアカウントを利用しているサービスであれば、今後更に多くのサービスが対応していくものと思われます。

■どこまでサービス可能になるか?

「Google Pay」は「G Pay」の表示があるお店で利用できます。同様のサービスとして「Apple Pay」や「LINE Pay」、「Samsung Pay」が挙げられますが、「G Pay」ストアがどれだけ普及するかがサービス向上の鍵と思います。ベースに「Android Pay」があることで主な利用層はAndroidユーザーと考えられますが、多くのAppleユーザーがGmailアカウントを作成しており、どちらのユーザーにも有益なものとなるでしょう。私たちの業界から見ると、例えば風俗店の料金の支払いをカードで行おうとすると手数料が多く取られることが通例となっておりますが(カード仲介業者を通すため)、このようなサービスが普及することで「Google Pay」を利用した場合でも同額で遊べることが期待されます。支払い方法が手軽になる分、ユーザーの増加が見込まれるからです。また、ユーザーの方から見てもGoogleアカウントで使用履歴を確認できるのはメリットではないでしょうか。

サーチエンジンはGoogle

実際にこのようなサービスが普及するのは時間がかかりますし、審査でアダルトNGをするかもしれませんので机上の空論になりますが、とはいえキャッシュレスでのショッピングの導入が遅れている日本で今後このようなサービスを拡大していくのは確実ですので、それに伴って風俗業界も市場が拡大して賑わうようになるといいですよね。

2018/01/09