[特集]社会の景気が風俗嬢の収入を左右する?2018年の経済事情(今話題の旬ネタ)

バナー広告高収入風俗求人ユカイネット
今話題の旬ネタ特集一覧高収入風俗のおしごとQ&A
おしごと図鑑スカウト登録キャンペーン
ユカイネット公式ブログ
店舗様はこちら

社会の景気が風俗嬢の収入を左右する?2018年の経済事情

2018年も頑張って行きましょう!だけど景気が良くなってくれないとなかなか思うように稼げませんよね
今話題の旬ネタ
右肩上がり

いよいよ始まりました、2018年。これから出勤という方も多いのではないでしょうか。新年、幸先良いスタートを切りたいですよね。しかし自分一人頑張っても限界はあるもの。今年がどんな年になるかは、日本の経済に掛かっているところも大きいのです。

■新年の景気はどうだった?

アベノミクスが成果を挙げ、景気の底上げが…と言われても、なかなか庶民には実感が湧かないものです。しかし、「百貨店初売り、滑り出し好調…前年上回る店舗も」というニュースを見ると、そろそろ財布の紐が緩んできた方もいるようです。長いデフレやネット通販に押され、百貨店は好景気とは言えない状況が続いていましたが、こうした業界から良いニュースが流れるということは、まずはスタートダッシュに成功したと言って良いでしょう。

■2018年の世界経済の流れ

株価の面から見ても、「東京株年始、26年ぶり高値=海外上昇で561円高―大発会」にあるように、米国の株式市場の上昇を受けて日本の株も上昇したということで、世界的に好景気の流れに来ているということは確かです。株式市場は景気判断の主軸ですから、投資家が買いを入れやすい環境である必要があります。やはり大きな要素は米国の市場動向ですが、大型減税による財政赤字の拡大は気になるポイントで、保守主義な政策のトランプ大統領がどのような手を打ってくるかは注視しなくてはなりません。英国のEU離脱問題も株式に影響を与えることでしょう。日本としては、国内での課題(デフレ脱却、雇用・所得の改善)を図りつつ、世界の潮流に乗り遅れないことが求められます。

■生活スタイルを見直すきっかけに

難しい話をしてしまいましたが、現在言われている好景気とは株式市場の上での話で、企業業績が伸びているということです。経済の原理から言えば、会社が儲かれば賃金が上昇し、個人消費も増えるという考えですが、まだまだそこまで進んでいないということが言えると思います。個人消費が増えないということは、遊興費に使うお金も限られてきますから、現状では風俗やキャバクラで遊ぶお客さんの数が急激に増えるとは考えづらいです。そこで貴女はどのような生活を送りますか?一部の人気嬢は変わらず稼ぐことができるでしょうが、しかしそれは全員ではありません。確実に個人消費が増えるまでは、女の子の方も生活スタイルを見直してみるというのはいかがでしょうか?贅沢はするな!ということではありません。しかし浪費癖のある方だったら、たまの贅沢を楽しみにして浪費と思われる部分を引き締めるなどメリハリのある生活を心がけることです。たまの贅沢は間接的に市場経済に良い影響を及ぼします。

ドレス女

好景気が実感できるようにするのは政治家や経営者の仕事。それで消費が増えたらお客さんも増えるでしょう。私たちも生活スタイルを見直しつつ、早く景気が良くなったと感じられる年にしたいですね。

2018/01/04