愛されマル秘テク

【ダブル特典が魅力】マスコミ手当て+指名率もアップ!風俗取材でのポイントとは?

メニュー
東京☆働き方ガイド
東京と言えば、ソープランドが軒を連ねる「吉原」、デリヘル・ホテヘルの求人が多い「池袋」、人妻系デリも人気で30代以上の女性も応募できる求人がたくさんある「鶯谷」、一大キャバクラエリアの「歌舞伎町」など稼げるエリアの宝庫!他の地域とは比べ物にならないほど様々な風俗店・業種があるから、風俗初心者でも働けるお店の求人がきっと見つかります。都の条例が厳しいこともあって、安心して働ける真面目な風俗店が多いのは、特に初心者の女のコには嬉しいポイント。東京で高収入バイトをしたいという地方の女のコも多いため、多くのお店が格安で住めるという寮を完備。ファッション、ショッピング、観光の名所は枚挙にいとまがないエリアですから、楽しく生活しながらお仕事できることは間違いありません!
店舗様はこちら

 【ダブル特典が魅力】マスコミ手当て+指名率もアップ!風俗取材でのポイントとは?

ダブルアップでおいしいアピール!
愛されマル秘テク

取材と聞くと「顔だしがある」「面倒くさい」「ボランティアっぽい」などの理由から、拒む人もいるのではないでしょうか。確かに取材にはそういった一面もありますが、「マスコミ手当て」がつくので必ずしもボランティアということはありません。しかも取材記事が多くの人に読まれれば、指名の本数が増える可能性も高くなります。つまり、取材を受けることで特別報酬と相乗効果という“ダブル特典”を狙えるわけですが、今回は取材時のポイントについて少し掘り下げてみました。

■事前準備は「見た目」&「言葉遣い」を意識すること

取材があると聞けば、「どんな質問をされるのだろう」など、不安はつきものです。ただ、店舗側もそうしたことを想定して、できるだけ風俗嬢のプレッシャーにならないように事前に手配をしてあるのが一般的。

例えば、事前に質問される内容をチェックしていたり、答えにくい質問に対する模範解答を風俗嬢にレクチャーしたり、というケースが挙げられます。風俗嬢が取材当日にすることといえば、レクチャーされた内容を把握するのはもちろんですが、それよりも「メイク」や「言葉遣い」を意識するほうが良いかもしれません。取材記事は文章として残るものなので、見た目や受け答えなどで記者に好印象を与えておけば、記念になるくらいの高いクオリティで仕上げてもらえるでしょう。

■質問内容は「収入」をはじめとする5項目が中心

実際の取材時の質問は、主に以下の5つの項目が中心でしょう。「親や友だちへのカミングアウトの有無」「オフの日の過ごし方」「お金の使い道」「働く際のきっかけ・決め手」そして「収入金額」です。

プライベートにかかわるものから過去の記憶を遡る必要があるものまで多岐にわたりますが、より良い記事を書いてもらうためにも、できるだけ具体的に答えておくのが良いかもしれません。

■取材で自己アピールを1点でいいからする

せっかくの機会ですから、自分の宣伝にもなるようなエピソードを絡めて取材を受けたいところです。例えば、「仕事ブログの更新がしんどい」で終わらせるよりも、「ネタづくりに困りながらも継続した結果、指名につながったケースもある」の方が、より多くの人から共感を得やすいでしょう。

客側からすれば「頑張り屋さんなんだ」、同業者からすれば「私も頑張ってみよう」というような自己アピール&役立ち情報になります。

さて、気になるマスコミ手当ての額はというと、1日の給料分が相場といわれています。目安としては5万円前後、多い人では10万円以上の場合もあるようです。また、指名率が増えるということは、それだけ売上に貢献している証拠でもあるので、別途報酬を弾む店舗もあるのだとか。収入アップを考えているのであれば、ぜひ3つのポイントを参考にしてみてください!

2017/05/25