愛されマル秘テク

人気風俗嬢が語る、普段は見せない『地味にスゴい努力集』!

メニュー
東京☆働き方ガイド
東京と言えば、ソープランドが軒を連ねる「吉原」、デリヘル・ホテヘルの求人が多い「池袋」、人妻系デリも人気で30代以上の女性も応募できる求人がたくさんある「鶯谷」、一大キャバクラエリアの「歌舞伎町」など稼げるエリアの宝庫!他の地域とは比べ物にならないほど様々な風俗店・業種があるから、風俗初心者でも働けるお店の求人がきっと見つかります。都の条例が厳しいこともあって、安心して働ける真面目な風俗店が多いのは、特に初心者の女のコには嬉しいポイント。東京で高収入バイトをしたいという地方の女のコも多いため、多くのお店が格安で住めるという寮を完備。ファッション、ショッピング、観光の名所は枚挙にいとまがないエリアですから、楽しく生活しながらお仕事できることは間違いありません!
店舗様はこちら

 人気風俗嬢が語る、普段は見せない『地味にスゴい努力集』!

地味にスゴい! だからスゴい!
愛されマル秘テク

風俗嬢といえば一見、華やかに見える仕事ですが、実は人知れぬ一面もあったりします。 今回は、そうした客前では決して見せることのない、風俗嬢ならではの「地味にスゴい努力」を集めてみました。4人の彼女たちが語るホンネと一緒に、ご覧ください。

■においケアを欠かさない

「入り前(仕事前)は特に食べ物に気を付けてます。だから本当はニンニク系が好きなんだけど、食べないようにしてますかね。あとは最近のお客さんでも、特に若い人たちは香水とタバコを嫌がるので、けっこう気をつかってます」(32歳/ソープ嬢)

やはり、会話も大事な仕事の1つなので、口臭には気をつけたいところ。また、ここ数年は嫌煙ブームもあってか、タバコを気にする客も多いのだとか。まさに「プロ根性」という感じですが、愛煙家にとっては涙ぐましい努力といえますよね。

■影で体位の習得

「私、家とか(仕事の)待機中とかに、鏡の前でよくバックとかのポーズとってます。前、お客さんに体カタイって言われちゃって…。最初はそれ(がきっかけ)でやってましたが、今はヨガとか開脚とかも一緒にストレッチ感覚でやってます」(31歳/ソープ嬢)

「えらい」の一言に尽きます。客に指摘されたことを直ぐに改善するという心がけは、そうできるものではありません。いま流行りのヨガや開脚を取り入れている様子から、何かポジティブな姿勢も伝ってきませんか。ただ指摘されたことを改善するよりも、自分のペースに巻き込んだ方が楽しく取り組めますよね。

■吉原年齢を自然に醸し出す

「最初はサバ読むのに抵抗ありましたが、あるときお客さんに『吉原年齢なんだから恥ずかしがっちゃダメだよ』って言われて、『それも仕事のうちだ』と思えるようになりました。逆に若い子なんかは、サバ年齢を言うと笑ってますけどね。今はアラフォーだからいいんですけど、アラサーのときに19(歳)で通してたのはきつかった」(38歳/高級ソープ嬢)

確かに年齢を偽ることになりますが、それを聞くだけ野暮というもの。吉原年齢というのは、あってないようなものですが、なければないで会話も成り立ちにくくなります。そういう点を踏まえれば、吉原年齢とは、日本の風俗業界における「文化」と言っても過言ではないでしょう。

いかがでしたか? 今回ご協力いただいた4人の風俗嬢は、いずれも月収150万円クラスです。まさにトップクラスと呼べる風俗嬢ですが、そうした人たちでも努力と無縁ではないことが驚きですよね。でも裏を返せば努力があったからこそ、今の結果につながったのではないでしょうか。ぜひ、参考にしてみてください。

2017/03/02