福原のソープランド・風俗求人一覧

バナー広告

神戸(福原・三宮・神戸市内他)の求人一覧

検索条件を追加する
業種を選ぶ
こだわりで選ぶ
収入にこだわる
環境にこだわる
働き方にこだわる
エリアを選ぶ
大阪府
京都府
兵庫県
滋賀県
奈良県
和歌山県
リセット

神戸(福原・三宮・神戸市内他)情報

兵庫県神戸市で風俗求人を探そうと思ったとき、注目すべき街として挙げられるのは神戸市中央区の三宮町。三宮駅に近いところに三宮センター街というアーケードの架かる繁華街があり、「サンチカ」という愛称で知られる地下街も賑わっている三宮。この街では、ヘルスやピンサロといった風俗店の求人が多く見られます。
一方、もうひとつ注目すべき街としてあるのが、中央区のとなりの兵庫区にある福原町です。
福原町の「福原」は、もともとは現在の神戸市兵庫区と中央区をまたいだ広いエリアの地名でした。
平安時代、時の権力者だった平清盛が、海辺の「福原」を気に入って「福原京」と呼び、首都を京都から移そうとした歴史があります。実際に数ヶ月、現在の神戸市には京都に代わる新都が築かれていたのですが、諸事情からふたたび首都は京都に戻り、明治維新が来るまで揺らぐことはありませんでした。
そんな歴史を持つ「福原」が、町名の由来となっている神戸市兵庫区の福原町。この街は、全国的にその名を知られた福原ソープ街であり、ソープ求人が多く見られることで知られています。
福原のソープの中には、60分のお仕事で15000円お給料が出るというところもあり、神戸で稼ぎたいなら、何を置いてもまずは福原のソープ求人を確認してみるべきだと言えます。出勤した日のお給料を保証してくれる「日給保証」の待遇を用意しているソープもあり、そういうお店では最大で10万円、出勤日ごとにコンスタントに稼ぐこともできます。それほど、福原では稼げるのです。

福原町は、30軒以上のソープランドが軒を並べる街で、まさに女の子が働くために出来ていると言えます。30軒以上のソープランドは、柳筋、桜筋という並行する2つの通りに沿って並んでいます。いわば、福原は2つのメインストリートがある街となっているわけです。柳筋も桜筋も、国道28号線から入ることができます。
柳筋は、名前にあるように柳の木が街路樹となっている通りで、風が吹くと涼しげな音を立てる木々を見ることができます。また、桜筋は、北へずーっと行くと金刀比羅宮の神社があるのが見えます。昔、福原町に「遊郭」があった頃、街がますます繁栄しますようにとの願いをこめて、神社は建立されました。
神社がある以外にも、普通の民家、ちょっとした腹ごしらえをするのに最適なレストラン、ひと休みしてくつろげる喫茶店などがあって、福原町を構成しています。現在の福原町は、ソープの街として有名ではありますが、ソープだけで成り立っているわけではないのです。
桜筋の北側に金刀比羅神社が建てられた明治の頃、「福原遊郭」は、民家やレストランなどのない、純然たる「風俗の街」でした。明治元年に創業、東京の吉原、京都の島原とともに「3ハラ」と呼ばれていたことさえあり、太平洋戦争での戦災や、戦後の法律整備などを通じて日本中の遊郭が淘汰されていく中、福原は現在までたくましく生き残っています。戦時中、神戸市はけっこう激しい空襲の被害に遭ったのですが、戦後、福原は神戸市内のどの街よりも早く復活し、戦前の賑わいを取り戻したと言われています。
もちろん、福原が今に至るまで生き残っている理由のひとつは、女の子の働きやすい環境が整っていることです。神戸市で見られる風俗求人の中でも「稼げる求人」「女の子に優しい求人」を求めているなら、福原で探しましょう。

福原ソープの働き方

福原の街に建ち並んでいるソープランドには、日々、多くのお客さんが訪れています。神戸市の男性たちがお客さんとなるだけではなく、中には大阪、京都といった県外から足を運んでくるお客さんもいます。関西地方には、他に滋賀県の雄琴があるくらいで、ソープ街というところがそもそも少ないのです。少なくとも大阪と京都は、それぞれ条例によってソープの営業は禁止されていて、府内には存在していません。というわけで、関西では滋賀県の雄琴、兵庫県神戸市の福原が、人気を二分している形であると言っていいでしょう。
単純に考えると、福原には関西の成人男性の半分が足を運んでくるわけです。各ソープが盛んに求人している理由も、察せられると思います。簡単に言えば、いつでもソープランドは忙しいのです。「応募してくれた女の子はほぼ100%採用します」というスタンスのお店が、福原にはいっぱいあります。
福原のソープランドは、「20歳以上から30代前半まで」を基本に、年齢の条件さえクリアしていれば誰でも応募できます(まれに、18、19歳から応募OKという求人も目にすることがあります)。経験の有無も、最近では、ほとんど問われなくなりました。福原のソープランドは、「風俗は初めて」という女の子でも気軽に働きに行けるお店となったのです。
昔は、そうではありませんでした。福原にしろ、あるいはその他のソープ街にしろ、そこで働けるのはいわゆる「玄人」の女の子であるというのが一般的でした。ソープは、風俗の経験がある程度あり、テクニックを持っている女の子が働くお店だったのです。ソープを利用する男性たちが、プロフェッショナルな女の子を求めていたというのが大きな理由です。
けれど、時代は変化し、男性がソープの女の子に求める条件も変化しました。「玄人」っぽい女の子ではなく、むしろ「素人」っぽい雰囲気を持つ女の子を、求めるようになったのです。ウブっぽい感じ、手慣れていない感じの女の子が褒めそやされる時代となったわけです。もちろん、経験のある女の子も仕事の呑み込みが早いから大事にされますが、未経験でも、応募をためらう必要はありません。
実際、福原ソープ街にあるお店の中には、「素人女性専門」を掲げたところもあります。いかにも従来のソープらしいサービスは除き、難しいテクニックを身につけなくても、等身大の自分のままでお客さんに向かえる、そんなお店が出来たのです。
たとえば、「マットサービスなし」のお店があります。マットサービスとは、ソープのサービスルームのお風呂場の床にエアマットを敷き、その上で男性にサービスをするというもの。ただでさえつるつるのエアマットにローションを垂らして、さらに滑りやすくしたうえで行うマットサービスは、練習しなければなかなか充分にこなせるものではありません。そんな難しいサービスが、もとから存在していないというソープが、最近、福原でもちらほら見られるようになってきています。
その働きやすさは、実際に、風俗求人を探している女の子にも伝わっています。福原は、日本全国のソープ街の中では、働いている女の子の平均年齢が若いという特徴を持っています。実際、初めての風俗に福原のソープを選ぶという女の子の数は、増加傾向にあります。あなたも、あとに続きましょう!

福原ソープ街のアクセス

神戸市兵庫区福原町。福原ソープ街で求人しているお店はすべて、この町内にあります。神戸市兵庫区のちょうど真ん中にある福原町は、JRの神戸駅や、阪神・阪急・山陽・神鉄(神戸電鉄)の各線が通っている新開地駅、神鉄の湊川駅など、いくつかの駅から近い位置にあります。大阪、京都、その他関西の各地から、鉄道を利用して駅に着き、そこから歩いて福原町のお店に出勤することもできます。福原ソープ街は、交通の便が非常に良い職場であると言えるでしょう。
また、車で福原町を目指す場合には、国道28号線を東に向けて進んでいると、左手に桜筋、柳筋の順で福原町の2つのストリートの入り口が見えてきます。
このように、福原ソープ街はけっこう簡単に行けるので、通い始めれば楽だと思います。しかし面接のためにお店を目指すとき、道がよくわからなくなってしまうこともあるでしょう。何しろ、一歩、福原町に入ってしまうと右にも左にもソープランドの店舗が並んでいます。そんなときは、遠慮せずにこれから面接を受けるお店に、連絡をしましょう。駅に着いた時点で連絡すれば、お店から迎えを寄越してくれるというお店が、福原にはあるからです。面接の時だけでなく、たとえばお仕事を夜遅くまでしていて終電を逃してしまう場合も、車で送ってもらえることもあります。
ちなみに、福原町から国道28号線をわたって行くと、神戸アートビレッジセンターや神戸ハーバーランド、メリケンパークなど、神戸市でも指折りのアート、レジャー、ショッピング、観光のスポットに行くことができます。福原のソープ街へは大阪や京都からでもわりと楽に通えますから、おそらく市外、県外から働きに来る女の子も多いと思います。ソープは上手に働くコツをつかめば、数時間のお仕事でもたくさん稼げます。慣れてきたら、出勤日にはサッとお仕事を終わらせて、神戸の街を楽しんでみてください。
他のエリアの求人一覧