愛されマル秘テク

学生風俗嬢の実態に迫る!~今どきは学生でも風俗が当たり前の時代~

メニュー
店舗様はこちら

 学生風俗嬢の実態に迫る!~今どきは学生でも風俗が当たり前の時代~

学生さんの素敵でリスキーな収入源
愛されマル秘テク

今どきの風俗店は、どこもかしこも学生が普通に在籍する時代です。 ではなぜ、当たり前のように学生が風俗嬢になるのでしょうか? 今回は、大学の学費や奨学金制度ほか、 風俗店が選ばれる理由など、彼女たちの実態に迫ってみました。

■国立大学の学費が高騰

一昔前の国立大学といえば、なんといってもメリットは、「学費が安い」こと。そのため、わざわざ高額なバイトを選ばなくても、学費に困ることはありませんでした。しかし、現在は違います。昭和の後期から高騰し続ける学費は、今や年間で50万円以上にのぼり、大学4年間で200万円以上、月々で計算すれば4万円以上の出費になります。

一方、学費の支払いは、前期(4月後半)と後期(10月後半)の年2回に分かれています。また、大学1年生の場合、入学直後の前期に限っては、「親パワー」というのが一般的。それが後期以降になると、家庭の経済事情などから「バイトで学費を稼ぐ」という流れに変わります。ただ、仕送りがある学生は別として、家賃なども自分で負担する学生にとって、年間50万円の学費は痛手。そのため、普通のバイト代では到底、学費まで追いつかず、結果的に風俗を選択する傾向にあるのです。

■風俗と普通のバイトではコスパが違いすぎる

飲食店でのバイトや家庭教師といった、いわゆる「普通のバイト」では、いくら時給がよくても1日1万円も稼げれば上出来。ところが風俗だと、それをものの1時間もあれば稼げてしまいます。また、学生はあくまで勉強が本業のため、どうしても時間に制限されがち。なかには、寝る間も惜しんで夜勤バイトをする学生も多いことでしょう。その点、風俗は授業のあとの3~4時間で数万円という大金を手にできるので、無理なく勉強との両立が可能です。短時間勤務で日給もよいとくれば、苦学生に人気なのもうなずけるところ。

■卒業後の奨学金返済を見据える

奨学金とは、大学在学中の学費が免除になる、大学生にとってとてもありがたい制度。しかし、奨学金は大学卒業後、20年から30年かけて毎月ちょっとずつ返済する制度でもあるので、就職の時点でマイナス・スタートになります。国立大学の場合は、トータルの学費も200万円ほどと、毎月の返済額が少なく、また短期間での返済も可能です。ところが、私立大学になると、トータルの学費が800万円とも1,000万円ともいわれており、毎月の返済額も膨れ上がります。

仮に1,000万円の奨学金を20年かけて返済するとなれば、月に4万円以上を支払わなくてはなりません。就職をすれば、親からの仕送りもなくなり、家賃をはじめとする生活費は、全て自分持ち。そこに4万円がくわわれば、「火の車」は避けて通れないでしょう。現代の傾向としては、「繰り越し返済や一括返済に備えて、風俗を選ぶ」といわれています。

国立大学の学費は今後、年間で100万円台に突入するともいわれています。そうなると、ますます学生風俗嬢は増えていきそうですが、それも時代の流れなのでしょう。一口に風俗店といっても多種多様で、なかにはエッチなしだったり、短期募集のところもあったりするので、自分に合った条件で探してみてはいかがですか。

2016/09/15